滋賀経理事務代行ブログ

BLOG

仕訳帳、仕訳伝票、振替伝票、伝票制…違いやおすすめの起票方法は?

2022年5月10日 カテゴリー:経理事務代行
Pocket

経理、簿記といえば、まずは仕訳から始まります。しかしその仕訳をどのように行えば良いのか、初心者にとっては違いがわかりづらいことがほとんどでしょう。

そこで今回は仕訳帳や仕訳伝票、振替伝票など、どの方法で仕訳や起票すべきなのか紹介していきます。

仕訳帳と伝票制の違い

仕訳帳と伝票制の違いは、仕訳を記載する場所が違うということです。仕訳帳は仕訳を記載するためのノートのようなもので、ひたすら日付順に仕訳を書きます。

しかし伝票制の場合には、仕訳を1枚1枚の伝票に記載。そして伝票に仕訳を書くことを、「伝票を切る」と表現するのが特徴です。

仕訳帳と伝票、どちらで仕訳を起こすべきか

仕訳帳は、取引を日付順に仕訳にしていきます。そのため仕訳帳から総勘定元帳への転記を行うには、労力も手間もかかります。仕訳帳からの転記方法については、以下の関連記事も併せてご確認ください。

(関連記事:仕訳帳とは?貸方、借方や総勘定元帳への転記方法を簡単にわかりやすく解説

しかし伝票制の場合には、総勘定元帳への転記が少しだけ簡単に行えます。特定の勘定科目の取引が多いような企業や自営業主にとっては、特に伝票制のほうが経理業務の効率化が図れるでしょう。

どのような場合に伝票制のほうが経理業務を楽に行えるのか、伝票制の種類を紹介しながら解説していきましょう。

伝票制の種類①:1伝票制

1伝票制は「振替伝票」のみを利用して、伝票を切る方法です。振替伝票はいわゆる仕訳を記載するための伝票で、仕訳帳と同様のことを記載していきます。結果、仕訳帳とほぼ同じ手間がかかるため、1伝票制を採用することはあまりありません。

伝票制の種類②:3伝票制

3伝票制は「振替伝票」の他に、「入金伝票」と「出金伝票」を使用します。現金の取引の多い企業や自営業主ほど、3伝票制による恩恵を受けやすくなります。

伝票制の種類③:5伝票制

3伝票制で扱う伝票に「売上伝票」と「仕入伝票」の2伝票を追加したのが、5伝票制です。現金による取引だけでなく、売上や仕入の取引数自体が多い場合に、5伝票制の恩恵が受けやすくなります。

仕訳の数が多ければ多いほど、会計システムがオススメ

仕訳の数が多く、手書きによる経理業務に負担を感じているのであれば、まずは会計システムへ移行することを検討すべきでしょう。もちろんExcelを考えても良いですが、今は月額数千円で利用できるシステムが増えており、さらにクレジットカードやネットバンクとの連携が可能だったり、スマホで完結したりすることもできます。

このように手書きからの脱却は、転記の手間を減らしてミスをなくすだけでなく、大幅な業務効率化が図れるのです。ちなみにExcelではなく会計システムをオススメする理由については、以下の関連記事でも詳しく解説しています。一度ご覧ください。

(関連記事:経理事務にお勧めなエクセルテンプレートと部分的会計ソフトのススメ

仕訳伝票は1伝票制の振替伝票のこと

仕訳帳や伝票制、総勘定元帳などの用語を調べていると、仕訳伝票という言葉に出会うこともあるでしょう。仕訳伝票は振替伝票と違いがあるのかな?と思われる方も多いですが、実は仕訳伝票は1伝票制の振替伝票のことを指すのです。

振替伝票は1伝票制、3伝票制、5伝票制の3種類全てに使用されますが、その中でも1伝票制の振替伝票だけは、仕訳伝票と呼ばれることもあります。ただし必ず仕訳伝票と呼ばなければいけないわけではないので、振替伝票と呼んでしまっても何も問題ありません。

どんな取引が多いか考える

経理業務の効率化には、まずはどんな取引が多いのかを考える必要があるでしょう。現金による入出金が多いのか、売上仕入の取引数が多いのか、クレカによる支払いが多いのか、ネットバンクを利用しているのか…などです。

本当に様々な視点がありますので、経理業務にできるだけ時間を割きたくないのであれば、まずは業務内容をしっかりと切り分けしていく必要がありますね。しかしそれ自体も経験者でないと難しいことがほとんどです。

そこで経理業務をできるだけ簡単にしたいのであれば、経理代行の検討もすべきでしょう。そうれば自社、自分で経理業務をする必要がなくなり、本業に時間を割けます。それにより売上アップができれば、より業務効率化へ動くことができます。ぜひ一度私ども税理士法人GrowUpへご連絡ください。

まとめ

  • 手書きで仕訳を起こすなら、仕訳帳か伝票を使用
  • 仕訳を起こした後、総勘定元帳への転記があり、手間も時間もかかる上にミスも起きる
  • 仕訳帳より5伝票制や3伝票制のほうが転記の手間が減る
  • 転記自体をなくしたかったら、会計システムを利用
  • 会計システムと同時に経理代行の検討もオススメ
ここまで仕訳帳と伝票制の違いや転記を減らす方法、お勧めの起票方法などを解説していきました。ただ経理業務は難しいことも多く、さらに取引数が多ければ多いほど煩雑化します。

そこでできるだけ業務を簡略化するため、まずは私ども税理士法人GrowUpへご連絡ください。企業や自営業主に合わせた経理業務の方法をご提案可能です。もちろん経理代行もできますので、お気軽にお問い合わせください。

ここまでお付き合いいただきありがとうございました。

対応エリア

エリア外の方も一度
お問い合わせください

エリア外の方も一度お問い合わせください

滋賀県エリア

大津市、高島市、草津市、守山市、栗東市、野洲市、甲賀市、湖南市、近江八幡市、東近江市、蒲生市、彦根市、愛知郡、犬上郡、米原市、長浜市など滋賀県全域で対応いたします。